10:00

OPEN

10:15

OPENing SESSION

趣旨説明・セッション紹介・実行委員長挨拶

10:30

小川 耕平

「『誰かと2人で話をすること』の特殊性について」
~「1 on 1」に必要な「安全」について精神科医・産業医の視点から~

私は臨床家,産業医という仕事をする関係上,誰かと1対1で対話をする機会が多くあります。多くの人にとっては医師と1対1で対峙をすることは,一部の特殊な状況を除けばそれほど抵抗を受けないことが多いです。それは「医師と対話する」こと自体にある種の先入観が形成されている,特殊な状況だからと言えます。

近年,マネジメントや組織の活性化,人材の育成といった観点から,「スクラム」や「1on1」と呼ばれるコミュニケーションの手法が注目されています。おそらく,当カンファレンスにご参加の皆様は,何らかの形でこうした取り組みに関わっていると思います。しかし,それなりに意味のある「1on1」を行うのは,「1on1」が得意な方であっても難しいと1度や2度はお感じになったのではないでしょうか?それは,医師との対話のような先入観がない状態であることや,対話をする相手に,ひょっとしたら評価に関するネガティブな情報を伝えられるのではないかといった,利害に関わる話題に触れられるのではないかと警戒されるといった様々な阻害する要因があるからです。

先ほど「医師と1対1で話すこと」は実は特殊な状況であると述べました。それは,医療者が誰かと話すとき,特に1対1で話すということの意味や方法論について,長年に渡って考えられてきたからなのですが,それには理由があります。


私達医療者扱う情報には,健康という相手にとって極めて個人的で機微な情報であるという特性があります。1対1の対話で伝える機微な情報には,相手にとってネガティブなものもポジティブなものも,あるいは受け入れやすいことも受け入れがたいこともあります。


当然,こうした情報を相手に伝えたときに対話の相手の感情は大きく動きます。情動が動くのは自然なことです。しかし,医療の場合,伝え方次第ではその先の希望に繋がる治療の説明ができないほど落ち込んでしまうといった,思いもかけないことが起こります。


一方で,私達医療者にとっても,特にネガティブな情報や相手の情動が動きやすい話をする時には当然ですが心が動きます。正直なところ,私達自身がネガティブな感情を抱えることは珍しくはありません。


ですから,私達は,常に「1対1」での対話では「何かが起こってもおかしくない」という前提で対話をしています。


今日,様々な場面で「1on1」という言葉を耳にする様になりましたが,実は1対1で誰かと話すということは,そうそう簡単な事ではないというのは,精神科医から見ればある意味当たり前に感じることなのです。特に,日常的に「1on1」をされている方でも,イレギュラーな自体に困惑した経験がおありの方は多いと思います。


本講演では,「1on1」の個別的な技法を語る以前の,医療者が考えてきた「誰かと1対1で対話をする」という状況において,対話するお互いが安心できる方法,対話の相手の心が傷ついている場合,対話する相手を傷つけず,そして対話する自分自信の心が傷ついた場合・自分自身が傷つかないようにするという双方の心の健康をいかにして守るかということについて,キャリコンでもある精神科医・産業医の観点から,ご聴講の皆様に「誰かと1対1で対話をする」という原点についてを振り返る機会が提供できれば幸いに存じます。

11:30

lunch TIME

12:30

ちゃちゃき (佐々木 将之)

(仮)UXリサーチにおける個々の「ことば」の分析からわかること

UXリサーチとして、利用者・想定利用者へのインタビューとその分析を多数実施してきました。

その経験から、例えば、ちょっとしたことばや仕草から分析すること、何を大事にするかをお話します。(質的データ分析、UXデザインといった要素が入ります。

講演の対象者
・大人数ではなく、個々の人に向き合うことを大事にしている方
・UXリサーチでやってることを自分の仕事に活かしたい方
 

講演によって参加者が得られること
・「ことば」の分析の解像度の上げ方
・人に向き合うこと/「ことば」に向き合うことの大変さと楽しさ

13:15

BREAK TIME

13:30

笹尾 納勇仁 @eroccowaruico

個人と向き合う意義を考える

Comming Soon...

14:15

LONG BREAK TIME

15:00

濱田 千佳

Coming Soon...

Coming Soon...

15:15

BREAK TIME

16:00

尾澤 愛実

(仮)個と向き合うために大切な前提とポイント

Coming Soon...

講演の対象者
(仮)1on1を受ける側もする側も

講演によって参加者が得られること

Coming Soon...

16:45

LONG BREAK TIME

17:30

三宅 芳雄 先生
(放送大学客員教授)

Coming Soon...

Coming Soon...

18:15

BREAK TIME

18:30

closing SESSION

まとめと懇親会の案内

19:00

NETWorking